現在

1993年以来、ワイナリー現オーナー、フランソワ・ピノーの指導の下、シャトー・ラトゥールのワインの精巧さを高めるため、数年にわたる大規模な変革が進められました。]]>

現在

1998年、1995年からワイナリー経営に参画してきたフレデリック・アンジュレが支配人に任命されました。1999年11月から2003年9月まで大規模な設備工事が進められました。醸造蔵、育成庫、醸造システムおよびストックスペースの全改築により、ワイン生産の精密度が一層高まりました。テイスティングルームの新規整備および主要建物建築デザインの刷新により、空間の魅力、エレガントさが増しました。新たに技術 スタッフ が配属されました。
完璧を追求する揺るぎない精神から、 ブドウ畑 同様、 蔵において も、シャトー・ラトゥールのスタッフらによる努力が現在も重ねられています。例えばビオディナミ関連であったり、トレーサビリティ管理の新システムであったり、新技術の正当性を適格に判断するためにも、数限りない実験的試みが繰り返されています。精巧さ、クオリティの追求および新たな問題点解決を念頭に、私たちは常に研鑽を重ねています。