気候

ジロンド河口から300メートル、シャトー・ラトゥールが享受する並外れた立地条件は、ティピシテ(典型的特質)を生み出し、1991年のような霜害あるいは寒波といった過度な気候を和らげてくれます。

気候

ブドウ畑は以下二重の好条件下に置かれています。 • 大西洋に隣接する立地により、海洋性気候の温暖さがもたらされる。 • 水量豊富な河口部に面することで、植物生育周期初期に起こりえる厳寒被害から免れられ、同時に収穫直前のブドウは貴重な成熟促進が得られる。 メドック地方はしばしば気まぐれな気候条件に見舞われ、よって各ビンテージには特有のパーソナリティが見られるとはいえ、気候は一般的に下記のとおり特徴づけられます。 • 温暖多湿な冬、寒波は早めに押し寄せる。 • 通常春は二期にわけられ、前半は冷涼多湿、後半は早い時期から高温かつしばしば多雨な気候。 • 夏は7月中旬まで高温多湿、以降は乾燥傾向。8月に入ると日中と夜間の気温差がより顕著となり、アロマの新鮮味を保ちつつ果実の成熟が促進される。 • 秋口は頻繁に日照量豊富で、気温はより冷涼である。