ポイヤック・ド・シャトー・ラトゥール

レ・フォール・ド・ラトゥールのセレクションレベルに十分ではないと判断されたタンクから造られているワインです。1973年に初めて生産され、その後は1974年および1987年ビンテージのみ市場販売されました。]]>

ポイヤック・ド・シャトー・ラトゥール

1990年からは毎年生産が行われ、レ・フォール・ド・ラトゥールの品質セレクションという原則はそのままに、加えてランクロ外3区画の若木を使用して生産されています。テロワールを象徴したこのワインは、シャトー・ラトゥールが生産する複数ワインへの最初のイントロダクションとして相応しいワインです。